子育てしながら主婦力あげたい

家事、育児に奔走中。主婦力が高い夫につっこまれながら主婦力をあげて夫に褒められたいブログ

新生姜 レシピ

NHK きょうの料理6月号に掲載されている料理研究家松田美智子さん

の初夏の保存食として紹介されていた新生姜のレシピ。

新生姜が手に入ったので作ってみました。

新生姜のうす塩漬け、甘酢漬け、甘煮と3つ作りました

 

 

新生姜のうす塩漬け

材料

新生姜  500g

粗塩          大さじ2

米酢   大さじ2

1.新生姜は包丁の先で皮を薄くこそげる。繊維に沿って薄切りにする。

2.バットに広げて全体の粗塩をふり15分おく。

3.出てきた水気をしっかり絞る

4.ボウルに入れて米酢を回しかけ清潔な保存容器に移す。

新生姜の甘酢漬け

材料

上のうす塩漬けカップ1

みりんカップ1

みりんを半量になるまで煮詰めて、うす塩漬けに加えてよく混ぜる。

粗熱をとり保存容器に移して1日おいて味をならす。

 

新生姜の甘酢漬け

新生姜     500g

ラニュー糖  350g

レモン汁    1つ分

1.新生姜は包丁の先で皮を薄くこそげる。

2.1を繊維に沿ってごく薄切りにし、数枚づつ重ねて繊維に沿って千切りにする。

 向きを変えてごく細かいみじん切りにする。

3.新生姜とグラニュー糖を混ぜ合わせて水分が出てくるまでそのまましばらくおく。

4.弱火にかけ、耐熱のゴムべらなどで絶えず混ぜながら水気が少なくなるまで煮る。

5.半量以下になるまで煮詰まったら、火から下ろしてレモン汁を加え混ぜ合わせる。

 

うす塩漬けは冷やし中華にそえるのによかったです。

甘酢漬けはうす塩漬けをみりんにさらにつけますが

お寿司屋さんのガリのような感じで食べやすいです。

そして甘煮は、ヨーグルトにかけたり、炭酸水を注いで自家製ジンジャーエール

になります。

細かく刻む時間がなかなかなくて、うちはフードプロセッサーでやっちゃいました。

暑い時期、喉が乾いたら、これを飲むとすっきりします。

今まで新生姜で何かを作ったことがなかったので、楽しかったです。

作るのに多少手間でも保存食ってあると便利です。

子どもが小さいと思うように買い物にもいけなかったりするので

冷蔵庫にあると安心です。

暑い日は、喉が乾いてシュワっとした炭酸が飲みたくなります。

このジンジャーエールはおすすめです。

ジンジャーエール以外にも使えるのが嬉しいですね。

ヨーグルト、アイスなど好みに合わせて使えます。

うちの一番近くのスーパーには新生姜がおいてないのですが

スーパーによっては大きなものをおいていたり、それもタイミングによりますが

手に入るうちにまた作ってみたいレシピです。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする